ケノンで産毛はいける?脱毛ランキング

ケノンを顔などの産毛の脱毛に使用する際は、ラージカートリッジよりも照射範囲の狭いスリムカートリッジを使用しましょう。顔の皮膚は手足と違って薄いため、レベル5以下程度からはじめた方がいいと思います。照射前に、付属のクーリングパックで脱毛箇所を冷やします。とくに肌の弱い人は炎症が起きたりしますから、十分に冷やしてから照射してください。ピカッと光って輪ゴムをはじいたような痛みがありますが、たいしたことはありません。

それより、この光は目に悪いですから、付属のサングラスを必ずかけるようにしましょう。なお、次の照射は、2週間ほど時間をあけて行うようにしてください。肌はダメージを受けていますから、休ませることが必要です。