IT業界では、自分の実力だけで起業を考えている人がいます。 最近はこのような人が多いようですね。 しかし、いざ起業してみるれば見込みが甘かったことを思い知らされることがあります。

会社員の時とは、全く別の立場になるからですね。

インターネットで検索してみましょう。 (汗)

現実には成功よりも失敗の方が多いと言うことでもあります。

そこで起業するようになります。

しかし、営業的なノウハウを持っている訳ではありませんよね。

消費者のニーズに答えることができないからです。

もちろん、それは技術的にではなく営業的なことが言えます。

インターネットが普及したことで、インターネット上でのビジネスチャンスが増えてきています。これはは確かです。 しかし、そこで成功するのに必要な知識とか、経験があります。

あと言えるとすれば消費者を安心させる為のビジョンも必要ですね。

私達の生活は、インターネットを使う事で非常に便利になりましたよね。

しかし、その仕組みを知っていると言う人は、ほんのわずかな人たちだけです。

これは何故かと言うと多くの人は、仕組みより、答えを求めているからですね。

ITを使って自分に何ができるのかと言うことを、消費者が何を求めているのかを知ることが大切ですね。 それは起業の基本と言えると思います。

IT起業で成功した人の例を見るとわかると思います。

本来持っている才能かもしれませんね。あなたも、自分の中の才能を発掘してください。

関連ページ