アイフルでお金を借りたいけど、ちょっと問題がいくつかありそう

消費者金融アイフルは貸金業という法律によって規制されているため銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

お金を借りる方法としてアイフルのカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のアイフルのキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

諸々の条件で消費者金融アイフルの方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、消費者金融のアイフルのキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては低金利で審査が早いといった理由があげられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

アイフルのカードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で借り入れや返済を繰り返し行うことができるアイフルのキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融アイフルのキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

アイフルのカードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

ですから、アイフルのカードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

一般的に消費者金融のアイフルのキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のアイフルのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のアイフルのキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融アイフルの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

ローンを組むことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのアイフルのキャッシングなどがありますね。

近頃はアイフルのカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

アイフル審査通らない?口コミ申込方法【時間は何時まで?】

売上となり、企業としての利益として計上されます。

消費者金融の金利と銀行金利を比較してみると消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので一概に消費者金融のほうが金利が高いとは言えません。

消費者金融アイフルと言うとサラ金や街金が連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたので法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

消費者金融アイフルのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融アイフルのメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されアイフルのキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがアイフルのカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

その一方で、アイフルのカードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。