母子家庭でも教育ローンは借りれるの?

学生や外国人留学生が教育ローンを借りることは基本的には難しいでしょう。

学費目的とはいえ、お金を借りることになりますので借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのために融資を受ける人物が成人であることや安定した収入があることは必須条件となります。

更に現在勤めている職場を退職する予定がないことや家賃、光熱費など生活費すべてを自分の収入でしっかり支払えているかということも重要になります。

故に、国の教育ローンに融資を期待するよりも銀行の教育ローンのほうが融資が下りる可能性は高いと言えるでしょう。

教育ローンという進学などのため費用を融資してくれるローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中でダントツでおすすめなのは国の教育ローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、1.76%という低金利の上、固定金利なので安心です。

大学や高校のみならず中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校でも認められています。

使い道も入学金や授業料に限ったことでなく教材費はもちろんのこと定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は融資機関によってひじょうに差があります。

金利が低いところでは1%台からあるのですが、高金利ところだと10%近いものもあるのです。

銀行の教育ローンの場合は口座を作ることで優遇金利が適用される場合があります。

金利の計算方法は2つの方法があって変動金利と固定金利の2つの金利タイプがあります。

現在は低金利の時代なので固定金利の方がリスクが少ないと言われています。

教育ローンを比較するならランキングサイトがオススメです。

わざわざ金融機関を回ったり電話で資料請求などしなくても済みます。

金利や借入可能額など比較したい情報は表になっているので簡単に比べることができます。

ランキングサイトには、来店の要・不要についてやローンのお勧めポイントなどが網羅されているサイトもあります。

銀行のHPへリンクが貼られていることが多いのでランキングサイトはとても便利です。

銀行の教育ローンというものは、一般的に低金利な商品が多いです。

ノンバンクのローンよりも融資金額も大きくローンの返済期間も長いため、支払に追われることなく余裕を持って返済することができます。

この頃はネットバンクもだいぶ普及してきているのでWeb手続きだけで完結する銀行も多くなりましたし、利便性もかなり向上しています。

銀行口座がなくても申し込みOKなローンもありますが口座があると低金利の優遇金利を受けることができるという銀行が多いです。

また、住宅ローンの利用でも金利が低くなる銀行もあります。

教育ローンが借りれないという人はどういう人でしょうか?なんらかの原因があるはずです。

まず、仕事についていなければなりませんから無職や年金受給者は借りることができません。

正社員でなくても融資を受けることはできますが安定継続した収入を得ているということをきちんと証明しなければいけません。

非正規雇用の場合は最低でも2年以上の勤続年数が必須と言えます。

年収も200万円以上はないと審査を通過することは困難です。

教育ローンの返済方法について紹介します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息に関しましては通常、借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

教育ローンの返済期間については医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長期化すれば返済金額は増加していきますので注意が必要です。

教育ローンと言ってもいわゆる借金ということですので返済シミュレーションで事前に返済状況を確認することをお勧めします。

教育ローンを知っていますか?教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

受験を控えた学生の親御さんなどが学費の支払いのために利用することが多いようです。

低金利有名な教育ローンと言えば教育一般貸付(国の教育ローン)です。

年1.76%(固定金利)で銀行やノンバンクのローンよりもかなり安いです。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国のローンがどれだけ低金利なのかがわかりますね。

使途は、学費以外にもアパート代やパソコン購入費など教育に関する目的であれは幅広く利用することができます。

参考:教育ローン母子家庭でも借り入れできる?【審査基準】

ただし、国の教育ローンは母子家庭や低所得者の方のためのローンですので対象となるのは中学校卒業以上の子供になります。

専門学校や大学・短大の学費、私立の小・中学校でもローンの対象となります。

融資を行っている金融機関は銀行やノンバンクです。

注意点は融資機関によっては保育園の費用や習い事には利用できないローンがある事です。

高校生の学費は安いと思っている方もいるかもしれませんが、私立高校の場合、学費だけで年間70万円以上もかかります。

学費が払えないとどうなるか?除籍や退学という最悪の結末も考えられます。

高校の場合、教育機関ですから即除籍になることはありませんが3か月以上滞納すると除籍・退学になる可能性が出てきます。

払えないときの解決策は借金になりますが借入先は慎重に選ぶことが大切です。

国の教育ローン(教育一般貸付)であれば世帯年収が低い方でも安心して借りることができます。

埼玉りそなの教育ローンをご存知ですか?埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前です。

変動金利になっているので年に2回金利が更新されます。

りそな教育ローン(証書貸付タイプ)の現在の店頭表示金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は、1.80%の割引金利となります。

最大借入可能額は500万円で返済期間は1年単位で最長14年まで可能です。

在学中は利息分のみの返済で支払い負担を少なくすることもできますし、すでに入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットがたくさんあります。

国が融資してくれる教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンはJFC日本政策金融公庫が管轄しています。

国の教育ローンは教育一般貸付と呼ばれ、最高350万円までローンを組むことができます。

金利は年1.76%と低く設定されており固定金利なので安心して利用することができます。

世帯年収や子供の人数によって受けられる優遇制度もあります。

使途は民間の融資機関よりも幅広く修学旅行費用や、学生の国民年金保険料などにも使うことができます。

教育ローンによる融資の受け取り方の1つとして一括借入れ型があります。

住宅ローンのように一括で入金されるタイプの融資です。

銀行の多くはこの一括タイプになります。

一括借入れ型の特徴をご紹介するとローンの契約が成立すると同時にあわせて返済金額も明確に分かります。

返済計画が立てやすい一方、追加資金が必要になってしまったときは、新規でローンを組まなければいけないというデメリットもあります。

アルバイトしながら進学を目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを申請することは可能です。

ただし、融資を受けるには条件があり20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。

また、一般的にローン契約には安定した収入が必要という条件が設定されていることが多いため勤続年数は2年以上は必要と言われています。

返済能力もローンを組む上で重要なポイントになりますので最低でも200万円以上の収入が必要になると考えておきましょう。

いずれにしても借主が学生本人というのは稀なケースなので奨学金を申請した方が近道だと思います。

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。

普通のカードローンと同じでカードの限度額の範囲内であれば借り入れや返済を自由に繰り返すことができるといったローンです。

普通のカードローンと何が違うかというと融資の使途が教育資金に限定されます。

消費者金融や信販会社に多い商品ですが楽天銀行やイオン銀行等の一部の銀行でもカードローン型を提供しています。

金額が明確な初年度は一括借入れ型でかかる学費がよみ辛い2年目以降でカードローン型が利用できるという金融機関もあります。